2017/08/21

君は聞いたかあの鳴き声を・・・

 

タイトルでむむっと思った人用のオッサンホイホイ記事ですw
_2221881.jpg
パッケージ。本編より躍動感のある絵ですね。
ボーンフリーは円谷プロの特撮+アニメの恐竜シリーズ3部作の第1作目。
詳しい内容やステキな主題歌はwikiやニコ動にお任せするとして、
コレクションの記念撮影としておきます。
00.jpg
1号と2号(分離状態)
それぞれに単独行動が出来る様になってます。
01.jpg
ボーンフリー1号。
麻酔銃、ネット砲用のキューポラや水上活動用の外輪など様々なギミックを搭載。
02.jpg
ライトカバーが開閉したりと芸が細かい。
外輪も潜望鏡?を引っ張ると展開して走らせると一緒に回転します。
ウキブクロは出てきませんがwww
03.jpg
ボーンフリー2号。
3台の小型メカを搭載する移動格納庫。
05.jpg
リアハッチと上部甲板が稼働します。
ゴムのキャタピラはしっかり回転しますが、
合体時にスムースに遊べるように車輪で浮かせてあるんです。
06.jpg
フリーシーガル、フリービーグル、フリーマッカール。
シーガルはヘリで主に上空から指示を出したりします。
主人公の声優さんが森功至さんなので、
なんかガッチャマンに思えることありますねぇ...( = =) トオイメ
格納位置も母艦の垂直尾翼の位置あたりなので・・・
続編のアイゼンボーグでは科学忍法「火の鳥」使うらしーですよ。
ビーグルは地底探検車、アンテナが回転します。
カッコイイけど地味ですねぇ。
マッカールは潜水艇、潜望鏡が伸び縮み、駆動輪が回転します。
駆動輪は発進時は車輪として使用しますが、
恐ろしいのは水中での機動にも使うことo(・ω・= ・ω・)o
水の中で外輪回してもねぇ・・・o(;゚∇゚)ゞ
999.jpg
なかなかプレイバリューのある楽しいおもちゃです。

2017/08/19

タミヤ「カムプログラムロボット」2017/2018

タミヤさんの箱絵、いつ見ても美しいです。特番で拝見しましたが、
写真だと影になってしまう部分があるのでイラストを採用されてるんだとか。
プログラムバーとステアリングレッグ
こんな感じで持ち上がります。前後逆組み...恥ずかしい(;´Д`)
カムプログラムロボットはピンを打ち込んだプログラムバーをカムで読み込み、
胴体下のステアリングレッグを上下動させて旋回動作を行います。
コースなどを設定してクリアする手順をブロック玩具の様に組み立てて、
動作を勉強する面白いロボットです。

プログラミングが電子的ではなく物理なのが良い感じです。


試運転の様子 最後にバーをペッて出す感じが可愛い(^_^)




組立説明書はタミヤさんらしくわかり易くそれほど苦戦はしませんでした(^_^)
(キャタビラの接続は苦戦しましたし、組立も間違えたんですが...)
展示会でも大人&こどもマイコンの搭載モデルが登場していますが、
説明書にもヒントが載っています。
検索すると様々なマイコンボードやセンサーを搭載したカムロボが出てきます。
いずれはやってみたいなぁ


エレクラフトシリーズNo.4 マイクロコンピューターユニットセット
「コンピューター」て表記が懐かしいですね
原型はとどめたい&リモコン/ラジコン大好きなので1号機は
懐かしいタミヤさんのマイコンユニットを搭載する事にしました。
発売を知った時、大きさ合えば最新と古の合体は面白いなと目論んでおりました。





当時マイコンユニットを内蔵して遊んでいた1/25パンター。ケーブルはこっちに残っていました。

作例は駆逐戦車を使ってます。砲塔旋回の代わりにバルブとブザーで砲撃を再現してた様です。
マイコンユニットは最初1/16シャーマンに内蔵されて登場しましたが、
単品も販売され、いつも行く模型店のショーケースに飾られていました。
当時はコンピュータて響きがなんとも未来ぽく、
1500円のプラモ買うのが大英断だった子供の私にはキラキラ輝いて見えました。
米軍よりも独軍大好きな子供でしたので取説の作例を参考に
1/25リモコンパンサーを改造しました。


マイコンユニットの通電確認、幅もピッタリです


動作しましたコンピューターは壊れてなくてよかった。

カムプログラムロボット付属の電池1本仕様では、
マイコンユニットのモーターを動かせなかったので電池2本で実験。

2本タイプの電池ボックスでも違和感ないですね。
2本で動くことがわかったので電池ボックスを交換してついでに配線もスッキリ。
砲塔旋回ボタンで麦球が光る様にしました。
キーボードも部分的に不調だったんですが、内部清掃や補強で復活しました。

単純にリモコン操作したり、マイコンのトレース機能を使って自動走行したり、
それにカムを合わせたトリッキーな走行も出来る様になりました。


走らせてみると結構元気です。ラジコン化したいなと思ってしまいます。
しかし本物のプロポを書い直すのも勿体ないですし、
最新のマイコンボード系だとボタンがペチペチでなんか違うし、
おもちゃから流用するにしてもプロポのデザインがミスマッチだし...


そう思いながら半年が流れ...



オレンジ/ガンメタルも可愛いですね。
2台目のカムロボが我が家にやってきました。
内容は同じの色違いバージョン。
この色でピピッときました。
タミヤの工作シリーズをラジコン化して販売してる方が
ちょうどいい感じのを単品売りしておられたので譲って頂きました。
トグルスイッチも純正を使われてるこだわり(^_^)


お手軽スキッドプレート
室内で遊ぶのに適度なスピードなので障害物乗り越えさせたり、
お布団砂漠を走らせたりして楽しんでます(^_^)


昔、この手のケース流行りましたね。
遊ばない時は公式ロボットスクールのケース似た
ポスペ柄CDケースに入れてます。
タミヤさん、一般販売もお願いします(^_^)


横幅が結構あって愛らしいデザインです。お気に入り。
カメラ、センサー、人工知能的なのを搭載し、
PCやスマホでやり取りしつつ部屋を探索するロボとか作れたらと思っています。
TRONのフリンとクルーぽく。

2017/04/01

これは作るのたいへん 「ポータブルMSX」(2017??)


南米のアツい国、そこでは未だMSXのソフトやハードが開発されているという

突然、それは現れた 

80年台の携帯ゲーム機の筐体に超小型化されたMSX互換機が内蔵されている...
MSXの新しい形、「MSX portable」なのだ(`・ω・´)


と言うのはフィクションです スイマセンm(_ _)m
あと、記事が完結していません 更にスイマセンm(_ _)m
本当は完成させてエイプリルフール記事にしたかったのですが...
まぁこんなの作ってるやつが居るんだなぁ位に思ってください
いつの日にか完成させますので...



ポケファミファミリー
携帯型MSXの構想はポケファミDXを購入した頃からでした。
それ自体はスーファミ携帯機ですが、別売でファミコン、メガドライブ、
ゲームボーイアドバンスのゲームが楽しめるアダプタが使えるようになっています。
(スーパーゲームボーイも動きます)
触って遊んでいたら、
MAD labさんのFPGA評価ボードを繋げたら作れるのではと思いました。


以前にも紹介しましたね
で作ってみた最終形態がこれでした(;´∀`)
大き過ぎてバランスが悪くゲームを楽しむのには不向きでした
これにまだカートリッジを装着しなければいけないので現実的ではありません。
カッコ悪いし...


基板も液晶も内蔵できるガワを作れば良いのですがそんなスキルはありませんし...
そうだ!携帯ゲーム機のガワを使おうヽ(´ー`)ノ

MSXを作っていたメーカーの携帯型ゲーム機を筐体にと考えたんですけど、
ソニーだとPSPは薄過ぎて、他メーカーは携帯ゲーム機作ってないし、
カシオが初MSX2でPDA的な物とかも考えたのですがどう考えても小さくならず...
WiiUパッドに内蔵と思いましたがジャンクで手に入らず...
GGLCDなどで触り慣れてるのでゲームギアのガワを利用する事にしました。
MSXのパッド+スタートボタンがあるのもピッタリヽ(´ー`)ノ


作るにあたって携帯ゲームにはなりますがパソコンの一面も残したいと色々考えました

・電池で動くこと ・2スロット付いていること
・キーボード/ジョイスティックが繋げられること
・映像音声の外部入出力があること
・キーボードを繋がなくてもゲームのコンティニューは出来ること

出来るだけ小さいサイズでスロット付きに仕上げるのを目標に作業はスタートしました。




基板の摘出
基板を利用しなければ内部に余裕が生まれますが、
ボタンの押し心地をそのまま継承したかったのでゲームギアのメイン基板を残すことにしました。
サウンド基板はほぼそのまま利用する事が可能でした。

電源基板
電源基板は流用が可能に思えましたが、
異常に熱くなったので基板、スイッチ、端子類を利用、
パターンを削ってショートを防いでいます
ACアダプタは新しく12Vタイプを利用していますが、
外観がゲームギアなので、
うっかり純正の9Vを挿しても大丈夫なようにダイオードブリッジをプラスしてます



 

MADさんごめんなさい(;´∀`)
後で接続するダブルスロットとの接続も考えながら、
メインボードを取り付けていきます
背の高いコンデンサなど干渉するものは薄型に変更します
倒せるパーツ、裏向きに付けられるパーツも付け替えます


ボディ側も接続に干渉する部分を削っていきます



ダブルスロットはTVチューナーのガワを利用しました

本体との接続はこんな感じです



前半分を繋いで起動実験します

 
スロットパーツ内にPS/2キーボードから取り出した基板を内蔵してあるので
スタートボタンを押すとF5が押されたことになります
これでコンティニューも( `д´)b オッケー!


半年くらいこの状態のまま不都合を修正したりを繰り返しております
GAME AXEのがMSX化し易いなとジャンクを手に入れたら動いてしまったり、
GGスモークのが中のLED見えてカッコイイんじゃ?と
いつ完成するやらです(;´∀`)